症状について

結構この症状になっていない人にはわからないかもしれないが、 この自律神経失調症(まあ厳密にいうとこういう病名はないらしいのだが)なるもの、相当厄介なもので、 オレの場合は、急に体が動かなくなる。なんというか、 


“フッッ、、、”と力が抜けてしまうのだ。


だから朝起きて、「さ、会社に行こう」と思って(寝起きは超良い)シャワーを浴びて、スーツを着て、ネクタイを締めて、、、 というところで 




“フッッ、、、”




そしてしばらく布団まで這って、スーツのまま寝る。


社内の廊下を歩いている時も然り。始め、慣れないうちはスラックスの膝の部分をすりむいてしまい、かなりブルー。 だから階段が結構怖い。


「今はまずいぞー今はまずいからなー」


と自分に言い聞かせながら、足元のおぼつかない爺さんの如く手すりにつかまり、ゆっくり進む。
そんな時、思う。




バリアフリーってたいせつなんだなあ。(24の齢にして痛感)