パパと子供のオススメお出かけスポット(5) -「浅草橋の花火問屋巡り」

————————-
 
※この記事は2011年~2012年に@ニフティのパパ育児ポータルサイト「パパスイッチ」で連載していたものです。サイトの移転に伴い過去ログが閲覧できなくなったので、ニフティ様のご好意により当ブログに転載させていただくことになりました。
 
情報が古いところもありますので、最新の情報につきましては、記事最後にありますリンク先の公式サイトなどで確認していただきますようよろしくお願いします。
 
————————-
 
 

行ってきました、東京屈指の問屋街、浅草橋!

浅草橋は、花火以外にもいろいろな問屋がずらりと立ち並んでいます。寄り道していろいろな店を見てみたいところですが、子供連れだとさすがにそれは無理なので、お目当ての花火屋に直行。
 
 
浅草橋の花火屋は数多くあるのですが、今回はその中でも比較的場所がわかりやすくて周りやすい、江戸通り沿いをメインに歩いてみました。
 
■まるぎん

花火屋はこの界隈にたくさんありますが、花火のシーズンはやはり夏。夏のみ花火を扱っていて、冬は別の商品を扱っている店というのも多いのです。
この『まるぎん』もそんなお店の一つでして、看板には「人形」と書いてあります。シーズン以外は人形屋さんなんですね。
駅前ですし、店の前にはたくさんの花火も置いてあり、すぐにわかります。

 

ここでは「たこおどり」なんて花火を買いました。火をつけるとこんな感じになります。

 

 

 

 

 
■マルエ

さて、続いて江戸通りを蔵前の方に歩いて行き、左側の小道に入ります。ちょっと分かりづらいのですが、オススメなのがこちら、『マルエ』。
ここは店構え自体はそこまで大きくないのですが、店の主人が丁寧に花火の説明をしてくれます。花火は店に並べる前に全て試しているという事で、どんな花火か、聞くと教えてくれます。花火ってパッケージだけじゃ、どんなものなのかよくわからなかったりしますから、こういうのはありがたいです。
また、ここは卸なので、店頭の花火は価格から割引になります(一部ならないものも有り)。お店の主人はとても気さくな人なので、いろいろ話してみると楽しいですよ!
ここではこんな花火をゲット。どれもマルエの主人のイチオシです!
とんがり4兄弟

パッケージには「僕はナトリウム!」とか「僕はストロンチウム!」とか自己紹介をしている「火薬4兄弟」が載っています。火薬が自己紹介してるって新しい。見た目はふざけた感じですが、花火は綺麗です。いろんな色が楽しめていいです。その名前から受ける印象とは裏腹に、火をつけるとそれが5つの花火に分裂して、バネで火がヒラヒラ跳ねてとても綺麗。ネーミングセンスで損をしている一品。

 
 
■三桜

ヘビ玉は、夜やっても全然見えないのを忘れていた、、、けど、子供たちには「ウンチだ!ウンチだ!」と意外にウケていました。煙がすごいので注意。さて、続いては江戸通りを渡り、反対側のお店『三桜』です。こちらの店はさっぱりとしていますが、またお店のおばさんが丁寧に対応してくれました。

「あなたくらいの年の方には、こういうのが懐かしいんじゃない?」

と勧められたのが、もうドンピシャです!懐かしいー!ここでは、懐かしい系の花火を中心に買いました。

大地花開

安いし、シンプルだけど結構インパクトは強い。「ブゥゥゥーーーン!!」と、ものすごい勢いで回る。たまに置く角度が悪いと失敗して、「ふしゅうぅぅぅ・・・」とただ火を噴いて終わり、みたいな切ない一面も時折見せる。



線香花火不知火牡丹

「中国産と日本産は全然違うから」と言われて買った、日本産花火。「不知火牡丹」なんて、名前がかっこいい。確かに日本産の方が、持ちが良くて綺麗・・・

だけど、”全然違う”って程でもないような・・・
ちなみにお店のおばさんによると、線香花火は「斜め45度に持つ」のが正しい持ち方だそうです。

20変色ススキ
これは懐かしい系ではないけど、勧められて買ったもの。花火の色が、20色に変化するというとてつもない手持ち花火。燃焼時間がめちゃくちゃ長くて、途中で数えるのが面倒になってやめたので、本当に20回変わったかどうかはわかりません。
 
 
■長谷川

最後に紹介するのがこちら『長谷川』です。ここの特徴は、「束売り」。一つ一つも安いのですが、束でまとめて買うともっと安くなる値段設定になっています。そんな店だからなのか、「これからまさにゼミ合宿にいきます!」風の大学生っぽいお客さんでお店が溢れかえっていました。
こちらの店で買った花火。

 

 

飛び魚
打ち上げ系。一発だけど、これは綺麗です。飛び魚がピシャッと跳ねる感じをイメージしたそうです。これもオススメ。

 

ちなみに『長谷川』さんの話によると、花火の売れ行きのピークは大体8月上旬あたりまでだそうです。ピーク時は品数もそれだけ豊富ということですので、まさに今がシーズン真っ只中!オススメです。
花火は今回ご紹介したもの以外にもたくさんの面白いものがありますし、きっと好みも様々。

 

今年の花火は花火セットを買って終わりではなく、ぜひ、お子さんと共に一つ一つ花火を選ぶところから一緒に楽しんじゃいましょう!
 

「浅草橋の花火問屋巡り」

 

 

    1. 所在地
最寄駅:都営浅草線 浅草橋駅
    1. お店リスト
まるぎん
住所:浅草橋1-18-9
電話:03-3862-6088

 

マルエ
住所:浅草橋2-1-3
電話:03-3863-2668

 

三桜
住所:柳橋2-7-4
電話:03-3851-8613

 

長谷川商店
住所:柳橋2-7-3
電話:03-3851-0151