台湾の留学生、荷物が多すぎて学校が車を手配するという異例の事態

大量の荷物……!

台湾人留学生のリンさん、うちに来る時にすごい量の荷物を持ってきました!

まあリンさんの場合、もともと3ヶ月ほど日本のシェアハウスに住んでいたということもあるので、荷物が多くなるというのはわかるんですけど、それでも多かった!

学校の先生がわざわざ車を出してくれてなんとか運べました。先生も「普段はここまでしないんだからね!」とちょっと呆れ気味でした……笑

うちの留学生用の部屋は六畳の和室で、小さいクロゼットがあるだけで不安でしたが、なんとか入りました。

礼儀正しい、育ちの良さそうなお嬢さん

生活して一週間くらいになりましたが、今のところとても良い関係です。

「ホームステイははじめの一ヶ月はハネムーン期間」

なんて言われることもあるので今後どうなるかわかりませんが…

でもすごく礼儀正しくて、生活も規則正しくて、会話もよくする女性です。

あと英語が話せるのが助かります。
基本は日本語ですが、伝えないといけない大事なことは英語で話したりします。

まだリンさんは日本語があまり上手ではないので、うちの娘たちにも「日本語で言って伝わらなかったら、英語で話してみて」と伝えてあります。

娘たちも、なんとかコミュニケーションを取ろうとがんばっています!