「男のプライド」、男性社会から離れた時その意味に気づく

主夫になった当初、一番辛かったのは「男のプライド」を失うことでした。10年経って、僕の「男のプライド」のイメージは全くの虚構だと気づけましたが、そこにたどり着くまでに、僕の場合は随分と時間がかかりました。

詳細はエキサイトニュース『スマダン』様で書いています。

以下のリンクをクリック!