カテゴリー
Webメディア マレーシア ライフスタイル

マレーシアは、オシャレを強要されるプレッシャーが無い

おしゃれをするプレッシャーが無い

日本では女性のハイヒールやパンプスの強制をやめるための運動、#Kutooなどで賛否を巻き起こしていますね。

企業のドレスコードがあまりにも厳しいため、それを窮屈に感じる女性が声を上げてドレスコードの自由化を訴えています。

暑いから必然的にゆるくなる!

かたやマレーシアでは… ドレスコードは非常にゆるいです!

常に30度を超える常夏の国では、涼しいサンダルは合理的な選択なのです。涼しい格好をすると、肌の露出面積も多くなりますし、皮膚の締め付けも少ないデザインの服になります。すると結果的に「ゆるい」印象の格好になります。

もちろんオフィスで働く人達はパンプスを履いている人もいますが、日本と比べると見かける率が非常に少ないです。そこまで会社ごとのルールに詳しいわけではありませんが、街を歩いている人を見る限り日本に比べれば「ファッションに対する周囲の圧力」は弱いのでしょう。

文化背景が違うから押し付けもない

他にも、文化背景が多種多様ということも大きな理由でしょう。

マレーシアは多民族国家でマレー系、中華系、インド系などたくさんの文化背景を持った人たちが共存しています。それぞれで「常識」が異なるため、「こういう時にはこういうものを着るのが“常識”だろう」という共通観念が存在しないのです。

宗教となると話は違う

服装はそれぞれ皆自由ですが、ただ、またそれぞれのルールは存在します。特に宗教上の理由となると厳しいものになります。

マレーシアでは特にイスラム教徒が多いのですが、イスラム教の女性は「ヒジャブ」という、頭を覆うスカーフのようなものを身にまといます。また肌を露出することも許されていないので、この暑い国でも常に長袖、長ズボンというスタイルです。

これに関しては他の宗教の人が口を出すことでもありませんし、皆お互いを尊重するというスタンスです。

カテゴリー
マレーシア ライフスタイル

マレーシアの水道が実は汚すぎるのでフィルターを付けた

マレーシアの水道は、実はめちゃくちゃ汚いことがわかったので、水を綺麗にするフィルターを付けることにしました。

目で見るとわかる、汚さ

まず、取付けが比較的簡単な洗濯機のフィルターをつけてみたところ、すごい結果になりました。
これを見てください。

これ、フィルターを取付けてものの一日で変化した色です。恐ろしいですよね……

水って流れている状態だとその汚染度がよくわかりません。普通に流している状態だと、無色透明に見えるんですよね。

でもこうやってフィルターの色の変化で確認できると、改めてマレーシアの水が信頼できないものかわかります。そりゃ、洗濯物が臭うわけだわ……

洗濯機のこのフィルターを見て、「これは、全ての水栓にフィルターを付けるしかない…… こんな水でシャワーを浴びたり、歯を磨いたりできないよ……」と心に固く誓ったのでした。

水道は、用途によって規格が違う

日本ではそもそもあまり発生しなかった配管作業

恥ずかしながら、日本では当時シュフでありながら水道の配管作業は今までほとんどやったことがありませんでした。トイレの詰まり、配水管の詰まりを道具や薬剤で解消する、くらいの軽作業の経験はありますが、日本の水道管はそもそもとてもしっかり作られていて問題自体が発生しないので、自分で修理する機会がなかったのです。

そこで今回自分で配管をすることになって調べ始めたのですが、水道って、洗濯機やシャワー、洗面台と用途によって配管の大きさが違うんですね!細かくは知らなかったので、はじめは水道管のあまりの種類の多さに面食らいました。

インチ表記の混乱

特に困ったのが「インチ」表記です。なんでも、水道管は英米の規格が世界に広く浸透しているそうで、配管のサイズが「1/2インチ」「3/8インチ」なんて表記になっているのです。配管を買いに行こうと、水道管の外径・内径をメートル法で測っていったので、とても混乱しました……(ヤード・ポンド法は本当に駆逐されるといいですね!!!

調べてわかったのが、うちの住宅のサイズは

  • 洗濯機 = 3/4インチ
  • シャワー = 1/2インチ
  • 洗面台 = 3/8インチ

ということでした。洗面台は1/2の規格が多いそうなのですが、なぜかうちは3/8インチ規格を使っています。そしてこの3/8インチサイズが、全然ホームセンターで扱っていない!なんなの!?

洗濯機とシャワーは簡単(なハズ)

うちはとりあえず洗濯機とシャワーに取付けました。

フィルターはネットオーダーです。マレーシアのネットショッピングは届かないことがある、なんて聞いていましたが、今のところ問題はありません。日本のAmazonのように翌日に届くことはないのですが、それでもやはり便利ですね。

Dewbell F15のタイプは上記3種類がありますが、基本的に全て同じで、コネクタの付属品が違うだけです。Shower Lineはなにも付属品が無いので安いですが、うちの場合は元栓からフィルターまでの距離が必要だったので、シャワーにもサイズが同じタイプ延長パイプが元からついているWaterbasin Lineを取付けました。

洗面台は、アダプタを取付けないといけないので、まだ未設置です。現在アダプタをネットで別途発注中。また設置後、ご報告します!

カテゴリー
Webメディア マレーシア ライフスタイル

水道の工事が雑すぎてキッチン水浸しになった!

マレーシアの労働者はのんびり

マレーシアに住んでいる日本人が口をそろえて言うのは、「マレーシアの人たちはのんびりしている」ということ。のんびりしているというのは、いつもせわしなく動いている日本人からすると気楽で良いのですが、仕事に対しても結構のんびりなので、たまに困ってしまいます……

自宅で水道管工事をお願いしたら、作業を間違えたらしく、大量の水が漏れてキッチンが水浸しに… でも、慌てる様子もなく、のんびり作業していました。こちらとしては、早く作業しないとキッチンに水がどんどん流れちゃうので見ていて気が気でなかったのですが、まあこれもお国柄の違いなのですね……

ミスをしてもなんとかなる

マレーシアの住居は石造りが多く、水びたしになっても拭けば綺麗になります。これが日本の板張りの床だったらもっと大変なことになっていたでしょうが、水を拭いたら最終的には綺麗に元通りになりました。

今振り返れば笑い話ですが、入居してすぐにこれだったので、当時は本当にびっくりしました……!

カテゴリー
Webメディア マレーシア ライフスタイル

マレーシアの住宅が「ハリボテ」と言われる理由

家は、広くてオシャレ!

マレーシアは日本の住宅よりも造りが広々としています。ローカルの人が住む家、外国人の住む家で様子が異なるので必ずこの広さ、というわけではないのですが、それでも日本人の4人家族が住む平均的は大きさでは、100平米を超えることは珍しくありません。

マンションにはプールやジムの設備がついていることがほとんどで、もちろん住民は無料で利用できます。広々としたスペースが至ることろにあり、居住空間の面積だけを最大限に取っている日本の都会のマンションと比べるとゆとりのある、贅沢な造りとなっています。

パッと見は贅沢だけど、実は“ハリボテ”!?

しかし、良いところばかりではなく……水回りの造り、壁の造り、ちょっとした建具の仕上げは日本のものと比べるとかなり雑だと言わざるを得ません。

僕もずいぶんといろいろな物件を見ましたが、こちらで家賃が月額30万円を超えるような超高級物件でもたまにそういうところを見つけました。

僕の住んでいる賃貸物件はまだ築4年の築浅マンションでありながら、ズサンな工事が原因ですでにコンクリートの内部に水が入り込み、壁から漏水したりしています。

パッと見はステキだけど、細部まで日本と同じと考えるのは早計ですね……

あるサイトでマレーシアの住宅は「ハリボテ」と言っているのを見かけましたが、ちょっとわかる気がします。僕は特にシュフ歴が長く、住宅のことに対するこだわりが強いので、細部の仕上げの雑さはどうしても目に付いてしまいます。

総合的に考えれば、それでもコスパは良い

ただ、そんなデメリットもアリつつも、それでも総合的に考えれば日本の住宅に比べ相当コストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。うちは今約170平米の家に住んでいますが、東京なら考えられない広さです……!これはやはり贅沢ですよね。

トラブルは発生する、という前提で考えて、その都度対応するというマインドに切り替えれば、そこまで大したことでもありません。

カテゴリー
Webメディア ライフスタイル 仕事

リモートワークをすると仕事をサボる?環境よりも、結局は「人」

リモートワークで仕事をしない人がいたら……

ここ最近、リモートワークを一部導入する企業が増えています。それは働き方の自由化という視点ではとても良いことなのですが、企業の管理職の視点からするといろいろ不安もあるのではないでしょうか。

妻がリモートワークをしていると周りに言うと、多くの管理職の立場の人達から質問されるのが「ちゃんと仕事をやっているかどうか、追えるのか?」ということ。

仕事っぷりを目で見て確認できない

オフィス勤務なら、物理的にそこに従業員が「居る」ことが目ですぐに確認できるので、すぐに様子がわかります。

リモートワークとなると、目で見て確認できないため、自分の部下がサボってゲームをやっているのか、はたまた昼から酒を飲んでいるのか、知る由もないわけです。

妻の意見としては、実際リモートワークに関わる会社は、リモートワークに最適化された仕事管理プラットフォームを使ったりして工夫しているので、仕事の進捗を確認するのはそんな問題ないのではないか、ということです。

結局、最後は人

ただ、いくら進捗が確認できても、仕事をやらない人は結局いろいろ理由をつけてやらないそうです。そういう人は、おだてすかして、なんとかやらせるということで……

技術の進歩があっても、人の感情の部分は変わらないものなのですね……笑

カテゴリー
Webメディア ライフスタイル 仕事

仕事で感情的になる人ほどリモートワークをした方が良い

リモートワークをすると、感情のムラが少なくなる

オフィスで人と一緒に仕事をしていると、良くも悪くも「人の感情」がこちらに伝わってきます。もちろん、ハッピーな感情も共有できますが、オフィスは仕事場なので、イライラしたり、落ち込んだ気分になることも多いわけです。

そういった感情は、人に伝播するもの。

自分はイライラしていなくても、他の同僚が上司から怒られていると、こちらも嫌な気分になってしまいますよね。リモートワークは自宅で完全一人作業となるので、こういった「他人の感情」による影響がとても少なくなります。

もちろん、オンラインミーティングをすれば相手の表情も声色もわかりますので、全くゼロというわけではありませんが、同じ空気を共有しているか否か、というのは大きいです。

相手の感情を読み取る必要がある場合は、ちょっと不便

ただ、たまに「相手の感情を上手く読み取って話した方が仕事が上手くこと運ぶ」というケースもあり、そういう時はちょっと不便かもしれません。

実際に会って話すなら、初対面でも相手の着ている服装、表情、ちょっとした仕草から多くの“人となり”の情報が読み取れますが、オンラインでは限定的です。交渉をする場合などは、糸口を掴むまでちょっと大変なこともあったりします。

どちらが良いか悪いか、というのは一概には言えず、業務内容によって使い分けるのがベストでしょう。ただリモートワークによる時間短縮の効果は凄まじく、多少不便が発生したとしても、時間効率的にメリットの方が大きい場合が多いように感じます。

基本リモートワークで回るような仕事の仕方をしつつ、要所要所で対面を使う、というやり方が今後一般的になってくるような気がします。

次のお話はこちら

カテゴリー
Webメディア ライフスタイル 子育て・教育 英語

インターナショナルスクールの入試で落ちまくった

簡単ではなかったインターナショナルスクール

うちの小学生の娘二人を、日本の普通の公立小学校からインターナショナルスクールに転校させるのは、容易なことではありませんでした。

子どもに、英語ができるようになってほしいと考える親は多く、そのためにインターナショナルスクールを希望するパターンも多いのですが、学校からしてみれば語学学校でもないのに英語ばかり教えるわけにもいきません。まだ低学年とはいえ、小学校ともなると英語で普通に算数や社会を学ぶので、普段の学習に必要なレベルの英語力が生徒に求められます。

そこで学校としては入学試験を行い、生徒の基礎学力を測ります。日本人は算数は問題ないことがほとんどですが、やはりネックとなるのが英語。英語ができないと、やはり学校としては通常の授業に支障がでるので受け入れることができないのです。

求められる英語力は高い

うちも今までスカイプ英会話に英会話スクール、留学生受け入れといろいろやってきましたが、これでもやはりインターナショナルスクールの入試は厳しいものがありました。これは学校によって難易度は様々で、一概には言えないのですが、きちんとした学校であればあるほど、英語力を確認される傾向があるかと思います。

近所の学校でも不合格、隣の県の学校も不合格…… そして3校目でやっと入学できるところを見つけました。ここは小規模でありながらきちんとした教育を行っているという印象で、将来的に国際バカロレアという教育プログラムを導入する予定であること、完全に新しい校舎を建設中であることが選んだ理由でした。

なんとか入学が決定したインターナショナルスクールですが、これはまだやっとスタート地点に立てただけ。ここから、日本の公立小学校とあまりにも違いすぎる学校生活が始まることになります……!

カテゴリー
Webメディア お出かけ ライフスタイル 子育て・教育

家族旅行は「行く前から始まっている」。みんなで盛り上げていこう!

一泊二日の家族旅行!

今月は一泊二日で山梨県へ家族旅行に行ってきたので、その様子をお伝えします!うちには今、ホームステイで台湾からの留学生がいるので、その子を含めて5人での旅行です。一日目は山梨県で有名な遊園地「富士急ハイランド」、そして二日目は富士山ふもとのスキー場「ふじてん」にいきましたので、二回に分けてお届けします。

家族旅行は実は“コスパが良い?”

うちは家族旅行に行く頻度は少ない方だと思いますが、やはり家族旅行というのは定期的に行くべきだな、と今回改めて感じました。旅行は、やはり家族で行くとなると移動の交通費、ホテル代、遊興費などがかなりかかります。一泊二日の旅行でさえ、普通に10万以上かかってしまいます。

学校の教育や病院の治療のように絶対にいかなくてはいけない、という類のものでもありませんし、この一度にかかるコストの高さから、つい敬遠してしまいがちになります。しかし、今回家族旅行を計画して気づいたことがあります。それは、実は家族旅行は行く前から始まっている、ということ。

旅行の行き先を決めて、日程を決めて、そこでやることを決めて…… 家族で一つひとつ話し合うこと自体が、家族の交流に一役買っているのです。うちの娘達は「あと○日で旅行だね!」と何週間も前からずっと話題にして、まだ旅行に行っていないのに既に楽しそうにしていました。

「ちょっと先の楽しみに対する期待」だけでここまで長期間楽しんでもらえるなら、旅行というのは実はコスパが良いのかもしれない、なんて思いました。

富士急ハイランドの名物ライド「ド・ドドンパ」はすごい

富士急ハイランドは激しいジェットコースターがあることで有名ですが、中でも僕のお気に入りは「ド・ドドンパ」です。このライドは、もともとは「ドドンパ」という名前だったのですが、2017年に改装をして、垂直落下のコースから、さらに落下の恐怖を感じられる「巨大ループ」のコースへ作り変えられました。

それに伴い、「ド・ドドンパ」という名称に変更された、という経緯があります。僕も今回この新しいコースを体験するのは初めてだったので、ワクワクしながら乗りました!

小学生でも130cm以上ならOK

話だけ聞くとめちゃくちゃ怖そうなド・ドドンパですが、小学生なら130cm以上から乗れます。1.6秒で時速180kmまで達する超加速ライドですが、乗っている時間は意外と短いので、小学生くらいでも他のライド「フジヤマ」や「ええじゃないか」に比べて、そんなに恐怖を感じることは少ないのではないかと思います。

コースはとても単純で、高速で発射、その後大きく右にUターンし、その後巨大ループでぐるっと一周して終了。人気ライドなので1時間以上並ぶこともあり、「あんなに並んだのにこれだけ!?」という感想をつい持ってしまうかもしれません笑

しかし、こんな単純でありながら未だに人気が衰えないというのは、やはりこの超加速が人を惹きつけるからなのでしょう。重力で上から下へ高速で落下するジェットコースターは数多くあれど、「水平に超加速移動」というのはなかなか体験できるものではないので、富士急ハイランドに来たらぜひ乗ることをおすすめします!

子どもは新しい経験をして楽しみ、親は普段の仕事から離れることができる家族旅行、得るものは大きいですね!